風邪をひいてしまったときは、母直伝の「レモンドリンク」を飲んで治します。

私は子どものころから気管支が弱く、すぐに風邪をひいてしまう子どもでした。
しかも、風邪をひくと熱が出るタイプで、体への負担も大きく何日も寝込む子どもでした。
そんな時、母が必ず作って飲ませてくれたのが、レモンドリンクです。
甘くて、ほんのりと酸っぱくて、温かくて、これを飲むと体の中から温まって発汗が促され、熱が早く下がるような気がしました。
社会人になって一人暮らしを始めた年に、疲れからか本当にひどい風をひてしまったことがりました。
受診してインフルエンザではないと診断されていましたので、あとは、ひたすら寝て治すしかありません。
その時も、38度近い熱があったでしょうか、悪寒がして苦しんでいました。
ぼーっとした頭で「母の作ってくれたレモンドリンクが飲みたい〜」と思い、布団の中から母にメールをしました。
母は2時間かけて来てくれて、レモンドリンクを作ってくれました。
そうしてすっかり治った時に、自分でも作れるようにと思い、母にレシピを教えてもらいました。
驚きました。
ただ、市販のレモン果汁にハチミツを加えて、それをお湯で溶かしただけのものだったのです。
それなのに、私には、まるで魔法の薬のように良く効きました。
きっと母の愛情が詰まっていたことと、これは何か特別な物なんだと子どもの頃から信じ込んでいたからかもしれません。
しかし考えてみると、熱のある時にビタミンCを摂ることは理にかなっていますし、糖分も風のウイルスと戦う栄養源になります。
今とは違って、インターネットで情報を取れる時代ではないときに、母はどうやってこんなことを知ったのでしょう。
やはり、母は凄い!と感心しました。
50歳を超えた今でも、風邪をひくと必ず「母直伝」のレモンドリンクを飲んで治しています。デパスを通販で買うには?

私の風邪を引かないための効果的な予防法

私の徹底している風邪予防法を紹介します。私は現在43歳なのですが、熱が出る風邪という症状はもう30年ほど1回もありません。実に小学生時代までさかのぼるのです。喉がいがらっぽくなったり、声が出にくい症状はありますが熱が出ることはないのです。その理由を考えてみると、私の場合は暑がりなので冬でも家ではTシャツとパンツ1枚で過ごしているのが普通です。たまに寒くて厚着をしても掃除などで動くと長袖などがうっとうしくなってしまうのです。また私は暖房器具はストーブで手足の末端を温めるだけにしてエアコンは使用しません。エアコンで締め切った室内の熱気が耐えられない体質なのです。なので正直忘年会など公の場だとしょっちゅう席を外して外の空気を吸いに行きます。よく風邪を引かないように厚着をして部屋を暖かくするという考え方があると思いますが、この私の生活で風邪をひかないことを考えてみるとこれはむしろ間違いであり、大事なのはできるだけ外の空気と室内の空気の温度差を作らないことだと思います。室内で暖かくしているときはいいのですが、そこから1度外に出たらそのあまりの温度差に体が対応しきれずに風邪を引くなどの症状になってしまうのではないか?というのが私の考え方です。なので夏場の場合も暑がりの私は当然クーラーのお世話にはなるのですが、ずっと冷房をかけっぱなしの室内にいることはせずにこまめに換気をするようにしています。それと夜寝る時も寝る直前まではクーラーをかけていますが、一晩中クーラーをつけっぱなしにはしません。1度それをやった時に朝起きてみると体が冷えすぎてて、しかし外は暑いということで体調が崩れたことがありました。ここまでをまとめてみると風邪を引かないための最善の方法は室内を冷やしたり温めたりすることよりもできるだけ外気に近い温度で過ごすことを心掛けることであると私は考えます。セックスできる女の傾向とは?

職場でイラッときたことあれこれ

某大学で事務のパートをしています。学生たちが移動する時、たいていしゃべりながら横一列になって歩いています。先日は、反対方向から歩いてきている私を彼らは認めているはずなのに、全然片側をあける気配なく、結局こちらが壁にへばりつくようにしてやり過ごさなければなりませんでした。こっちが止まるんかい、せめて2列になって歩けよ、とイラッとしました。同じ方向に歩いていても、横一列の団体が前を歩いていると、しゃべりながらだからとてもスロー。こっちは仕事で急いでるんじゃい、とイラッとします。小学校で習わなかったですかね。ろうかは1列になって歩きましょうって。わりと偏差値高い大学だけど、マナーのレベルが低いんですよ。あと、ドアは開けたら閉めましょう。私の席は、部屋のドアのすぐそばで、来客があるとすぐ対応できるようになっています。部屋の奥に教授が居ります。そんなに広くない部屋なので、開けるとすぐ教授が座っているかどうか見えます。ですから、ドアを開けて、部屋の中まで入るのを遠慮されるお客様や学生は、ドアを開けたまま入口のところで教授とお話しするのです。寒い。ドアを閉めればいいじゃないの。話し声もろうかにひびいて、誰に聞かれるかもわからないですし。開けたら閉める、基本的なことではないですか。一番イラッとするのは、もう話が終わりかけて、ではまた、と言ってドアを10センチほど開けたままで顔だけ出し、新たな会話のトピックをなげかけて、しゃべり続ける時です。まだ話があるなら、体ごと部屋の中に入ってドアを閉めましょうよ。名残惜しいのでしょうけど、すきま風が本当に冷たいんです。セブンデイズカラースムージーを飲んでいます。

明らかなえこひいきをする上司にイラっとする毎日

私は現在40代後半、私の直属の上司は30歳なのですが、この男性上司がとにかく分かりやすいというか、明らかなえこひいきをする人なのです。
小さな会社で、従業員は20人程なのですが、その内男性は社長を含めて4人しかいません。
女性が多い職場なのですが、その中に上司のお気に入りの女性社員がいて、その女性と私達に対する態度が全然違うのです。
彼女と話す時は声のトーンが明るくなり、暇さえあれば彼女の元へ行ってお喋りをしています。
彼女と私達は同僚で同じ立場なのですが、仕事上大切な案件があったら私達には伝えないのに、彼女には真っ先に知らせているのです。
なので、彼女は知っていても私達まで話が降りてきていない事はしょっ中で、私達の不満は溜まるばかりです。
それだけでもかなりイラっとしているのですが、私が許せないのは私情を挟んでいる様な行動が目につく事です。
例えば、この上司はよく休んだり早退をするのですが、周りには知らせず、彼女には伝えているのです。
状況を知らない私達は、急に上司が休んだり帰ってしまったりであたふたするばかり。
二人で話す時は、仲睦まじい様子で自分達の世界って感じなのですが、それを見せられている周りの状況は目に入っていない様です。
でも、付き合っているとかそういう話は聞いて欲しくないという雰囲気を出すので、バレバレなのに隠せてるつもりなのか?ツッコミづらいしイライラします。
上司は独身で一人暮らしなのですが、毎朝ラップで包まれたオニギリを彼女の席の横に座って食べています。
付き合ってるとか思われたくないなら、見えない所で食べればいいのに!とまたイラっとしています。ドモホルンリンクルの口コミは?

ちょっと凹むと、あからさまに落ち込んだ様子を見せる旦那。

私の旦那には、面倒くさいクセがあります。それは、「ほんの少し意見などが食い違って、ちょっと凹むと、あからさまに落ち込んだ様子を見せる」というクセです。結婚前にはそんなクセは見せなかったので、良い意味では「気を許してくれている」、悪い意味では「甘えている」ということに、なるのでしょうか。でも、このクセ、なかなか面倒くさいのが、食事の支度の最中でも、食事中でも、楽しく話をしている時でも、関係ないことです。とにかく旦那がちょっとでも凹んでしまうと、体格の良い旦那が、がっくりと肩を落としてとぼとぼ寝室まで歩いて行き、もぞもぞベッドにもぐって、そのままふて寝してしまうので、その後、本当に眠ってしまって起きない夫を起こすのに一苦労するのです。旦那はそれが当たり前だと思っているかもしれませんが、私にとってはすごく面倒くさいです。流石に結婚して数年経っていますし、あまりにも子どもじみた態度にイラッとしたので、昨日は旦那を起こさないで、夕飯の準備も放り出して、テレビも電気も消して、私一人でリビングでスマホをいじっていました。3時間ほどそうしていたので、流石にお腹が減ってしまいましたが、トイレに起きた旦那がびっくりしているのを見て、「してやったり!」と思いました。私も人間ですから、旦那にも「凹むな」とは言えませんけど、旦那も私もいい大人ですし、そろそろ面倒くさい態度を取るのを、やめてほしいと思っています。ドモホルンリンクルの口コミが知りたい。